はじめに

小鳥を長い間、飛べないように鳥かごで飼っていると、ほとんど飛べなくなってしまいます。
本来の力を封じられていると、筋肉も骨格も退化して、本来の能力を発揮できなくなってしまいます。

人間も同じです。 入院して、2週間も身の回りのことを一切自分でさせずに代行してしまうと、本当に寝たきりの状態になってしまいます。

逆に、事情により、至れり尽くせりの介護施設を出ることになった高齢者の方が、なぜか急にぴんぴんと元気に戻った例も、枚挙に暇がありません。

よく飛べるようになるには、鳥かごから出して、自由に飛ぶ訓練をさせる以外ありません。

インプラントでは

硬いものでも何でもよくかんで食べられます。
取りはずし式の入れ歯の苦労が一掃されます。
歯を削らなくても良くなります。
体に力が入り、元気が出てきます。

つまり、もともと歯があったときと実質的に同じように戻れるのです。
なぜでしょう?

硬いものでも何でもよくかんで食べられます。

当然ですが、インプラントはかんでもびくともしません。
リンゴの丸かじりはもちろんのこと、日常の食事ではかなり硬い部類になる、 あわび、古たくあんなども問題なく食べることができます。
もう、他の人とちがう献立にしたり、外食で気を使ったりする必要はありません。

「食事とは、こんなに快適で美味しかったのか!」やってはじめて分かるのです。

取りはずし式の入れ歯の苦労が一層されます。

お口は、食物の入口です。つまり、命の第一歩です。
ここにトラブルがあったら、まず間違いなく、全身に悪い影響が出ます。

当然ですが、本来お口は、取り外し式の物をつねに入れておくようにはできていません。
それだけで、自律神経や精神面に対して大きな影響があるからです。
口の中にいつも入れている入れ歯やマウスピースは、いわば小鳥の自由を妨げる鳥かごなのです。

歯を削らなくても良くなります。

トップページでも示したように、削ってつめたりかぶせたりすると、その歯の寿命が 大幅に縮まります。
また、入れ歯ではバネをかけた歯や残りの歯の寿命が大幅に縮まります。

インプラントだけがこのようなことを回避できるので、他の歯の寿命も大幅に伸びます。

体に力が入り、元気が出てきます。

ここです。

「力とかみ合わせ」でも述べましたが、正しい位置、正しいバランスで、しっかり かめることが、どんなに健康のため、いや、命のために重要なのか。
入れ歯やかみ合せの悩みは、気がつかないうちに全身のゆがみを引き起こし、 肉体面、メンタル面のさまざまなトラブルを引き起こすおそれがあります。
正しいインプラント治療は、歯を一部または全部失った多くの方にとって、 今までにない別次元の体質・生活改善、いわばアンチエイジング(若返り)の可能性を大いに秘めた 究極奥義でもある可能性が高いのです。

実際に、当歯科室を含め多くの医院で、インプラント治療のアンチエイジング効果が 多数認められています。
急激に顔の色艶が・張りが増してきて若々しくなり、性格も行動的・前向きに変化していくのです。
服装もお洒落でセンスよく、色も明るくなり、旅行や会合などにも積極的に顔を出すようになります。

このような数々のメリットについては、今まであまり知られてきませんでした。
とくに「体に力が入り、元気が出てくる」については、非科学的な妄言、精神論だとして 無視するどころか、否定的な論調が主流でした。

しかし、鳥を鳥かごから出してやれば、すぐに飛べるように戻るのです。
一刻も早く鳥かごから出して、大空に解き放ってあげる必要があります。

このような有益な情報が、国民の間に正しい意味で広まってないのは、とても残念なことです。
ですから、微力ながら私がこうしてあなたにお伝えしております。

正しい位置、正しいバランスで、しっかりかめることが大事なのは当然です。
そして、入れ歯ではそれが不可能であることを、次項「"強靭化"のしくみ(クリック)」で動画で示します。